専門分野

日本近現代文学・文化論、日系移民文学、出版文化

―移民文学、ポストコロニアル文学、日系アメリカ移民の日本語文学、帝国の出版流通、外地書店、小説とプライヴァシー、モデル小説、現代日本のトランスナショナル文学、空間表象と文学、私小説、歴史と表象

略歴

名古屋市出身。金沢大学文学部卒、筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科修了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員(DC2)、筑波大学文芸・言語学系助手、京都教育大学教育学部講師、同准教授を経て、2009年4月より現職(名古屋大学人文学研究科准教授)。カリフォルニア大学ロサンゼルス校日本研究センター客員研究員(2002-2003)、ワシントン大学客員研究員(2009)。

業績等

著書等

・『文学の歴史をどう書き直のかー二〇世紀日本の小説・空間・メディアー』笠間書店、2016年

・『いま、大学で何が起こっているのか』ひつじ書房、2015年

・『ジャパニーズ・アメリカ――移民文学・出版文化・収容所――』新曜社、2014年

・『〈自己表象〉の文学史──自分を書く小説の登場──』翰林書房、2002年;増補版2008年

⇒より詳細な業績は、http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100000371_ja.html

インタビュー

─これまで先生が取り込んでこられた主な研究、および現在取り込んでいらっしゃる研究について簡単にお聞かせ下さい。

修論~博論では、「私小説」的な形態の小説がどのようにしてできたのかを歴史的に考えました。現在は、大きくいって三つの課題を追いかけています。一つは、上の「私小説」系の課題を発展させたもので、モデル小説のトラブル史のようなものです。現実世界に「モデル」がいるとみなされて、道義上や法律上、あるいは創作方法上の問題が起こることを「モデル問題」と呼んだりしますが、どんな小説が、どんな場合に、どんな理由によって「トラブル」になったのかを考えると、小説の表現と〈私的な領域〉の交差点をめぐる日本の近代の変遷が見えてきます。
もう一つは、移民文学とその出版文化です。日系アメリカ移民の日本語文学と出版文化については、最近『ジャパニーズ・アメリカ 移民文学・出版文化・収容所』という本を出しました。いまは、旧外地の日本語書店と書物流通についても力を注いで研究しています。 近代に入り、国境を越えて人が動き、モノが動き、情報が動きます。日本の文学や出版文化もまた、その動きの中で「国」という括りではうまくとらえられないような展開を見せます。その出発と発展、変容を、文学作品の分析だけではなく、それらを支える下部構造(インフラストラクチャー)となった諸メディアや出版社、書店、流通網なども含めて考えたいと思っています。
最後の一つは、いわゆる「日本語文学」の問題です。私はトランスナショナルの文学と今は呼んでいます。日本で生まれた日本人ではない人々も、日本語を使って文学の創作をしている。あるいは日本人だけれど日本ではない場所や、日本語ではないところで創作活動をしている。そうした現代の作家・自身たちの活動を、近代の移民史などもふまえながら考えたいと思っています。

─そういった研究のおもしろさ(新しさや重要性・意義を含めて)について語ってください。

基本的にモデル小説というのは、下世話なゴシップと非常に近接してますので、そのまま面白いです(笑)。「モデル問題」というのは小説の表現と現実社会との界面で起こる衝突です。そこには、当事者の個人的な愛憎も加われば、法的な制約も入る。文芸思潮の影響もあれば、出版側の意向も働き、読者の好奇心と欲望も反映する。さまざまな異なる系が寄り集まって葛藤する、クリティカル(危機的/批判的)な領域です。その複雑でホットなところを、どれだけのっぺりした平板なものとしてではなく記述するか。頭を悩ませています。
移民文学、外地書店、トランスナショナルの文学については、大きく言えば境界線やカテゴリを問い直す作業の面白さだと思います。国境や国籍による分割を移民の文化がどうまたいだか。交通や郵便のインフラストラクチャをつかいながら出版文化がいかに一国文化を越えたか。現代の国を超える人と文化の動きがどのようにして文学作品というかたちを取っていくのか。いずれも文化の「動態」をいかに生き生きととらえられるかが問われる、興味深い課題です。

─先生は「研究」というものに対して、どのように考えていらっしゃいますか。

正面から答えることにはなりませんが――。
研究が面白い!と思える瞬間を、いま二つ思いつきます。私は書庫が好きなんですよ。特に窓がない閉鎖的なフロアで、大量に古い雑誌や本がびっしり詰まっているところが好きです。雑用を放り出して、そうした書庫に潜ると、ふっとかび臭い古い紙の匂いが鼻に届く。すごくテンションが上がる瞬間ですね。ああ、これを100年前ぐらいに誰かが読んでたんだなぁ、などと考えながら、役に立ったり立たなかったりする記事を読み耽る。
収穫がないことが大半ですが、ねばっているうちに唐突に、過去の手触りをすぐ間近に感じる瞬間が稀に来る。その時は、幸せです。
もう一つは、自分の拠って立っていた意識的無意識的な知的枠組みが、がらがらっと崩れて組み変わる瞬間。最初にソシュール読んだときや、フーコー読んだとき、複雑系科学をかじったとき、最近だと認知意味論を勉強したときとかがそうだったんですが、個人的な知的ブレイク・スルーがごくたまに起こる。その時の興奮は、やみつきですね。一気に視界が、世界が、変わる感じです。
研究には「職業」的な面も多く――というかそういうのが95%ぐらいだと思いますが、残り5%の自発的な没入とさらにそのなかの0.5%の強烈な喜びが私に研究を続けさせている、といったところです。

─先生ご自身の専門・研究と日本文化学(講座)との関係、あるいは位置づけについて教えてください。

専門領域的に言えば、日本の明治大正文学のあたり、そして移民地・植民地の日本語文学が一応分掌かな。しかし、こうしたくくりの境界は曖昧なことが多いし、実際の各教員仕事も交差していることがしばしばあるので、あまり厳密に考えない方がいいように思っています。

─先生ご自身の専門分野以外に、興味・関心のある領域について教えてください。

認知科学/認知言語学/鉄道など交通インフラ/情報テクノロジーとその機器/写真撮影/茶/花/エスニック料理 など

─院生を育てる方針や、評価するにあたって重視している点を教えてください。

オープンであること、かな。私もそうありたいですし、院生の皆さんにもそれを求めたいです。〈知〉というのは、交通がないところには花開かないと思うのです。みなさん、積極的に外へ出て行って、色々読んだり聞いたり話したりしましょう。私の部屋へも、遠慮なくどうぞ。

─先生のご趣味や特技を教えてください。

子育てをしています(2011年生まれ)。子供を観察するのは面白いですね。

大学院入試受験準備用の参考文献

【批評理論の入門として】
・ 柄谷行人『近代日本文学の起源』(諸版あり)
・石原千秋ほか『読むための理論――文学・思想・批評――』(世織書房、1992年)
・ 前田愛『増補 文学テクスト入門』(ちくま学芸文庫、1993年)
・大橋洋一『新文学入門――T・イーグルトン『文学とは何か』を読む――』(岩波書店、1995年)
・T.イーグルトン『新版 文学とは何か――現代批評理論への招待――』(岩波書店、1997年)
・大橋洋一編『現代批評理論のすべて』(新書館、2006年)
・ピーター・バリー『文学理論講義』(ミネルヴァ書房、2014年)
・日本近代文学会編『ハンドブック 日本近代文学研究の方法』(ひつじ書房、2016年)

【文学史の入門として】
・『日本文芸史』5~8巻〈近代・現代〉(河出書房新社、1990~2005年)
・鈴木貞美『入門 日本近現代文芸史』(平凡社新書、2013年)

各文献は準備の最低線としてではなく、あくまで「入口」として示しています。それぞれをもとに、個別の理論、領域、時代・作家・作品について理解を深めておいてください。

連絡先

研究室:文学部本館2階 218号

ホームページ:http://park18.wakwak.com/~hibi/index.htm